現在、ご予約はできません 〒115-0044 東京都北区赤羽南1-3-1-9F
TEL:03-5939-6878
現在、電話は繋がっておりません

HOME 医師紹介 初診の方へ 院内紹介 診療案内 アクセス





双極性障害(躁うつ病)とは

病名にある「双極」とは、「2つの極がある」という意味合いであり、躁うつ病とは、著しく気分が高揚する躁状態と、意欲が低下して憂うつになるうつ状態という正反対の心理状態を繰り返す心の病です。 うつ病ではうつ症状だけが現れますが、躁うつ病では躁とうつの両方の症状を繰り返します。

双極性障害の症状

不自然なまでの気分の高揚感が持続し、「自分は偉い」「自分はすごい」という気持ち(万能感)が強くなります。 体じゅうがエネルギーに満ち溢れたように感じられ、あまり眠らなくても平気になったり、上機嫌でおしゃべりになったり、様々な考えが次々と湧き出て、じっとしていられなくなったりします。 しかし、単に陽気でエネルギッシュというわけではなく、金銭や人間関係などに関するトラブルを引き起こしがちです。 それでも本人には病識が無く、自分の思考や行動が異常だとは思いません。

うつ

気分がひどく落ち込み、憂うつな気分が続きます。 何をしても「楽しい」と感じられなくなったり、億劫で何も手につかなくなったりします。 身体面でも、食欲が無い、疲れやすいなどの症状が現れます。 さらに、物事を悲観的に考えがちになり、将来に絶望したり、自分を責めたり、自殺を考えたりすることもあります。 こうしたうつ状態は、心のエネルギーレベルが低下しているために起こります。


copyright© hayashi mental all rightsreserved.