現在、ご予約はできません 〒115-0044 東京都北区赤羽南1-3-1-9F
TEL:03-5939-6878
現在、電話は繋がっておりません

HOME 医師紹介 初診の方へ 院内紹介 診療案内 アクセス





統合失調症とは

人間の脳の働きは、脳に張り巡らされた神経のネットワークが司っています。 目や耳から入った情報の処理、思考、感情などは、すべてこの神経ネットワークの働きによって営まれています。 そうした働きをうまくまとめることができなくなっている状態、つまり「統合」が「失調」している状態が、統合失調症の本体です。

統合失調症の症状

統合失調症の代表的な症状には「陽性症状」と「陰性症状」、および「認知機能障害」があります。

陽性症状

現実には無いものをあるように感じたり、存在しない声が聞こえたり、あり得ないことを信じ込んだりする症状です。 つまり、幻覚や幻聴、妄想などです。

陰性症状

陽性症状とは反対に、陰性症状は、あるはずのものが低下している状態です。 喜ぶ、怒る、哀しむなどの感情が乏しくなり、表情の変化も少なくなります。 また、意欲が減退し、何事に対しても関心が薄くなり、身だしなみにも無頓着になります。 家族や友人を含め、他者とのコミュニケーションも避けるようになります。

認知機能障害

認知機能というのは、記憶したり、注意を集中させたり、計画を立てたり、判断したりする能力のことです。 統合失調症の患者さんの場合、この認知機能が低下します。

統合失調症の症状

・誰かが自分の悪口を言っている
・奇妙なものが見える
・体に妙な感覚がある
・誰かに見張られていると思う
・自分の行動や考えが誰かに支配されていると思う
・喜怒哀楽が乏しくなる
・意欲や気力が低下し、興味や関心を示さなくなる
・言葉数が極端に少なくなる
・他者とのかかわり合いを避けるようになる
・注意力がひどく散漫になる
・作業能率が著しく低下する

など


copyright© hayashi mental all rightsreserved.